あたふた

「あたふた」の意味とは?

  • ひどくあわてるさま。
  • あわてふためくさま。
  • 平静さを失った行動をするさま。

「あたふた」は江戸時代頃から使われるようになった言葉だといわれています。
もともとは室町時代の「ふたふた」という言葉が「あたふた」と同じ意味として使われていました。

「あたふた」の「ふた」は、「ふたふた」の「ふた」、
「ふたふた」はふためくといった言葉があるように音を立てて動きまわる様子を表します。

「あた」は江戸時代によく使われていた強調の意味で
合わさって「あたふた」になったと考えられています。

用例
  • 「あたふたと逃げまわる」
  • 「突然の告白にあたふたしてしまう」
  • 「レジ前で財布を失くしたことに気づきあたふたする」

引っ越したばかりであっけらかんとした部屋の様子あっけらかん

あっさり

関連記事

  1. どーどー水が流れる

    どーどー

    「どーどー」の意味とは?水が勢いよく流れおちる音。…

  2. ぐちゃりと生焼けのたこ焼き

    ぐちゃり

    「ぐちゃり」の意味とは?水気を含んだものが、きたならしく…

  3. お金ががっぽがっぽと集まる

    がっぽがっぽ

    「がっぽがっぽ」の意味とは?金銭などが一度にたくさん手に…

  4. じゃーんとシンバルを叩く

    じゃーん

    「じゃーん」の意味とは?ものごとが目立って行われるさま。…

  5. ぎゅーと抱き合うレイヤー

    ぎゅー

    「ぎゅー」の意味とは?強く押しつぶされたり、締めつけられ…

  6. ばっちりだねとご満悦の男性

    ばっちり

    「ばっちり」の意味とは?抜け目なく、じゅうぶんであるさま…

  7. げっそりと頬がこけた男性

    げっそり

    「げっそり」の意味とは?急激に減少するさま。…

  8. どしゃどしゃと雨が振る

    どしゃどしゃ

    「どしゃどしゃ」の意味とは?多量の雨の激しくふる音。…

ピックアップ記事

  1. しっくりとくる風景
  2. ずぱっと刀を振る
  3. ぐっすりと眠る女性
  4. がらんとした教室
  5. 肘をぶつけてじんとする男性
  1. ぐぐっとダンベルを握る
  2. ぎろぎろと外を覗く男性
  3. ずばずば言う男性
  4. ぐたりと壁にもたれる男性
  5. ぐすぐすと泣く女の子
  6. うとうとと眠そうなネコ
  7. ぴかぴかの一年生
  8. ぎょろっと辺り見回すカメレオン
  9. ちくちくと針を刺すハチ
PAGE TOP