うっすら

「うっすら」の意味とは?

  • ものごとの度合いのかすかなさま。
  • 濃さ・明瞭度・厚さなどの程度がわずかであるさま。

「うっすら」は物事の程度がわずがである様子を表すのに用いられます。

「うっすら」は室町時代から使われ始め、とくに色に対して使われていました。
江戸時代になっると現在のように色だけでなく使われるようになりました。

用例
  • 「うっすらと目的地の島が船から見える」
  • 「うっすらとした桃色のちり紙」
  • 「障子の隙間からうっすらと明かりが漏れる」

うっしっしと笑う女性うっしっし

うっとりとする女性うっとり

関連記事

  1. がらがらぺっとうがいをする男の子

    がらがらぺっ

    「がらがらぺっ」の意味とは?うがいをし、その水を吐き出す…

  2. はははと笑う男性

    ははは

    「ははは」の意味とは?屈託なく快活に笑う声。…

  3. ずぼっと鼻に指を入れる男性

    ずぼっ

    「ずぼっ」の意味とは?勢いよくひと息に突きぬけたり、はま…

  4. きこきことノコギリで木を切る

    きこきこ

    「きこきこ」の意味とは?かたいものが互いにこすれ合ったり…

  5. ぎゅんぎゅんと加速する飛行機

    ぎゅんぎゅん

    「ぎゅんぎゅん」の意味とは?機械が高速で動くときにたてる…

  6. びたびたに浸るインキ

    びたびた

    「びたびた」の意味とは?ものが気持ちのわるいほどぬれてい…

  7. さっくとバイクをあやつる男性

    さっく

    「さっく」の意味とは?手際のよいさま。勢いの…

  8. たっと位置につく女性

    たっ

    「たっ」の意味とは?動作が軽くすばやいさま。…

ピックアップ記事

  1. どこどんと太鼓を叩く男性
  2. ぱっぱとおにぎりにごまをふる
  3. がったんと車がぶつかる
  4. ずしりと重い教材を運ぶ男性
  5. 涙で瞳がうるるんと光る
  1. ぐにゃっとミンチにする
  2. こちこちに凍った氷の大地
  3. ざっぶと水に沈む蛇口
  4. ずるりと綱引きをし滑る女性
  5. ひたひたのイチゴ
  6. 上手く言ってうしうしと笑う女性
  7. ごっそりと野菜を買い込む
  8. でれっとする女性
  9. ぱたりと本を開く
PAGE TOP